2020/03/26

【春は耐えて、初夏に向けてのTee】

こんにちは五十嵐です。

3月の寒さも過ぎ終わり
お花見シーズン、まぁ桜歩き見しかできませんが。泣
コロナ終息は夏頃だと良いですねぇ。
そんな夏に向けて、昼間の心地いいお日さまに。
思わず半袖になる機会も多くなってきますね。


Engineered Garments 

 - Printed Cross Crew Neck T-shirt





EG定番のTシャツ。
首元がクロスされていて、伸びにくい作り。
もちろん、USA製。


今期2020の春夏は、フランス語がプリントされています。
何故なら今期は、ボリス・ヴィアンがテーマ。

誰ですか、その人?
そう思った人いると思います。
僕もそうです。

調べると、フランスのジャズ演奏者であり、作家。
僕が無知なだけで、世に名を馳せた人物でした。



こちら、ボリス・ヴィアンのペンネーム「ヴァーノン・サリヴァン」
1940年代後半、白人の彼は黒人脱走兵と称して、この名前で作家デビューしました。
ハードボイルドで暴力的な作風で、ヒット作を世に放っていきます。


プリントの掠れが良い感じです。




続いて、真ん中の渦が特徴的
横の言葉を直訳すると、
「私たちは欲しいものを盗みません。 愛は時々あなたを決して愛さない人を愛することです。」
こちらは「普通に生きる意味はない、正常性は存在しない」
どれも、直訳なので意味はご想像にお任せします。


数は多くありませんが、今期はXLの大きめなサイズも入荷しています。


夏前には多くが品切れしてしまう、EGのTシャツ
簡単な説明でしたが、調べていくと彼の逸話や人間性がたっぷり出てきます。
気になる方、僕で良ければ店頭で語らせていただきます。笑